×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Auto Bookmark
 ようこそゲストさん 閾値
自動登録リンク集 サイトマップ
メインコンテンツメニュー
無料サービスの紹介
オート系のリンク集
特集
リンク
トップ

国内の自動リンク界を知る!

【訪問者側がお好みのアンカーでリンクを貼ることができるウェブページ=自動リンク】と定義すると、国内のウェブにはそういった様々なオート登録型のウェブページ群が点在しています。
そこで、自動リンクとして見事な集落となっている主なウェブサイトを吟味して勝手にまとめてみました。


無料レンタルCGI系

ホームページを所持しているWebサイト管理者が、設置してお披露目するリンク集。せっかく設置しても不本意なサイトからの登録に狙われやすい。某検索エンジンでは規模が大きいドメインについては、ドメインレベルでのフィルターをかけ、価値を低くされているもの少数あったりする。よって自動登録を断念して端整なブックマーク用途につかうも、投票効果が低い。がんばれ!


ソーシャルブックマーク系

Webページを作ったことがない人でも、IDを取得すれば自由に自動に何回でもリンクをすることができる共有ブックマークサービス。
ユーザーがブックマークを1回するだけで、参照先のページをソケット通信によって自動で取得し、その内容の2〜3行を引用、複製したページが作成される。
そうして複製されたコンテンツを共有するのがユーザーの娯楽らしい。
また、自分で自分のサイトを登録して某GoogleにおけるSEO効果を期待しているサイトも多い。
ブックマークを促すランキングを行っているドメインもあり、ペナルティを受けないので、なかなかの養殖ウェブ&権威サイトである。
だが最近は自動化ツールによるブクマスパムも散見されるようである。

3次元的な視点でみると、下手にサイト同士をリンクで繋ぐと、場合によっては権威が相殺され、検索エンジン某グーグルでは(機械的且つアナログ的な)リンクファームの度合いが高くなり、インデックスされにくい状態になる傾向にあるが、全く別の系からのブックマーク権威サイトからの1投票による権威の持ち上げをすることは、リンクの距離を適正に保ち、狭いネットワークの系から脱出するための回避対策としても非常に有用であることがいえる。
(ちなみに小生は、通常のブックマーク用途の場合はローカルで十分です。)


1ドメイン系

貴重な有名どころです。古くから多くのサイト管理者に愛玩されています。


サブドメイン系

Linvisorなどのスクリプトを使用し、多数のサブドメインを使用することでページ価値を低めに設定して頑張っているタイプ。SEO効果は期待できないが、非常に個性的でユニークなページタイトルをつけており小生は好きであるのです。



[PR]【ハイパーリンク - Wikipedia】 【統計リンク集】 【infoseek.com
Powered by cgi-word-linux.nobaby.nobody.jp
http://bookmark.fc2.com/search/user/help